メインイメージ画像

電報には送り先などルールや注意点があります

祝電・弔電のように、結婚式をはじめとする冠婚葬祭では、電報を送る習慣があります。電報を送るに当たっては、色々とルールや注意点があるので、しっかりと理解しておかないといけません。適当に送るだけで済むという事ではないのです。正しく送ることができていないと、電報を送った事が台無しになってしまうのです。例えば、いつ送ればいつ頃届くのかといったことが重要になってきます。結婚式の際に読んでもらう電報を送る場合は、早めに手配することが出来るため、きちんと披露宴に間に合う時間で送るように手配しなければなりません。

披露宴が午前中に始まる場合、当日に送ってしまうと披露宴の開始に間に合わないことがあります。そのような理由から、前日に送るのが基本となります。披露宴の始まりが午後ならば、開始1時間前までに届くようにすることが決まりです。

電報を送る際に考えることは、宛名をどのようにするかという点があります。結婚式の披露宴であれば、新郎と新婦のどちらを宛名にすればよいか悩んでしまうわけです。

基本的には、明確な決まりといったものはない為、新郎と新婦の連名にしたとしても、どちらか一方にしても、間違いという事にはなりません。どちらか片方としか面識がないのであれば、面識がある相手に対して送れば良いですし、両者と面識があるのであれば、連名にすると当たり障りがありません。最たるに大切なことは、新郎と新婦にお祝いの心をしっかりと伝えることです。

電報の内容にも気を配らなければいけません。縁起の悪い言葉を使うことは、避ける必要があります。

無意識のうちに重ね言葉を使ってしまう場合があるので、電報を送る前に内容をしっかりと確認することが大事です。自分だけでチェックしていると、あまり不備に気づかないものなので、他の人にも見てもらうのが無難です。また、送り先を誤ってはいけません。祝辞の気持ちは相手に伝えるものですが、自宅に送っても意味がないのです。結婚式や披露宴の会場を送り先とするのが基本です。