メインイメージ画像

電報は文字数や紙質および印刷の仕方によって料金が異なります

電報には色々あります。冠婚葬祭やお祝い毎の時に使用する電報の料金は一般的には文字数や使用する紙質、印刷の仕方によって違いが出てきます。文字数による金額の設定は業者ごとに違いがあり、数文字ずつ金額設定を刻んでいる所もあれば、一定の文字数までは定額料金としている所もあります。祝電のケースにはおめでたい事なので多少長くなってしまうかもしれませんが、弔電の場合には簡素にまとめるのが望ましいです。大抵の場合は1000円位からでも利用が可能です。

祝電のケースではぬいぐるみに電報を持ってもらうなど、色々なオプションによって金額は、かなり変化していきます。簡単な文字での電報であれば、1500円程度で問題はありません。画像や付属の物をつけると、適用外ですが、ごく一般的な物とすると妥当な金額です。電報を取り扱っている業者は、業者によっても特色があります。

文字数を気にしたくない場合や、とにかく安く送りたいといった場合、またはなるべく急いで送りたい場合など、その目的に応じて利用する業者を選ぶ事が重要になってきます。なるべく安く送りたい時には、業者によっては500円位の差が出てくる業者もありますし、素早く届けたいのであれば、当日発送可能な集荷時間の確認が重要です。至急発送する必要がある場合などには、業者によっては別料金が発生する事もあります。その点の対応も業者によって時間にも金額にも違いが生まれてきます。

一般的には14時位までを受付最終としている所が多いですが、中には夕方まで受け付けている所もあります。実際に電報を利用する際には、各業者の特徴を意識すると良いです。

どうあっても、電報という物は日常的な事ではない少し特別な事なので、料金を気にするよりも送る相手の気持ちを大切にする方が賢明です。直接会って話をする事が出来ないからこそ利用するのが電報ですので、自分が相手に対してどの様に思っているかという心を正確に伝える事が出来れば、料金が安くても十分といえるでしょう。